応援部小史

昭和33年結成

昭和34年結成

昭和34年結成

1958年(昭和33年)、我々の前身であります「電電近畿応援団」が結成されました。1952(昭和27年)に創部された電電近畿野球部の都市対抗野球大会優勝をめざして我々も活動を始め、結成7年目の第36回大会で初優勝を果たすことができました。その後、電電公社の民営化と東西会社への分社化に より「NTT関西応援団部」時代を経て現在に至ります。
古き良き歴史と伝統を受け継ぎつつ、新たなことへのチャレンジ、リーダーシップの育成、何より日本一の応援団で在り続けることを念頭に置き、日々努力しております。押忍

電電近畿

電電近畿

第五代団長 久住憲司先輩の入団により応援団は一気に改革されました。久住先輩は近畿大学応援団のOBでもあり、大学応援団の誇りや技術を取り入れ今の原型を作り、10年という長きに渡り団長を務められ応援団発展に大きく貢献されました。

NTT関西

NTT関西

NTT関西

昭和60年に現女子リーダー部であるバトン部と合併し、NTT関西応援団部が発足しました。この時、近畿大学応援団親衛隊隊長を務められた第七代団長 椀田収重先輩を中心とし、応援団の魂「応援団 五訓」が作られ、その精神は今も引き継がれています。

NTT西日本

NTT西日本

NTT西日本

NTTの東西分社化に伴い発足したNTT西日本応援部。初代団長は、 第十一代の中田貢広先輩。中田先輩は近畿大学応援団で団長と勤められた方で、NTT西日本ではバンカラ魂とチアリーディングの融合に取り組まれました。自他共に認められる日本一の応援団となるべく、これからも部員一同切磋琢磨していきます。押忍